社内完全禁煙化

当社では、タバコの煙のない快適な職場環境を確保すると共に、喫煙に伴うリスクと受動喫煙が与える被害を考慮し、 自分の健康、家族の健康、すべての人々の健康を守るために、平成26年1月1日から、社内全面禁煙に取り組みました。

取り組みの内容

  1. 勤務時間内の禁煙
  2. 駐車場を含む、敷地内の全面禁煙
  3. 社用車内の禁煙
  4. 会社主催の社外イベント(忘年会等)での禁煙
  5. 上記違反者に対する注意や報告

採用活動に関する喫煙について

当社の採用活動は、健康で長く勤務していただくために、 全面禁煙の職場環境を理解していただける非喫煙者の方を対象とさせていただきます。
喫煙されている方に関しては、入社までに禁煙していただくということを採用内定の際の前提条件とさせていただきます。

参考

受動喫煙とは、「室内又はこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされること。」と定義されています。 また、健康増進法25条において「学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集合場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店その他の多数の者が利用する施設を管理する者は、 これらを利用する者について、受動喫煙を防止するために必要な措置を講ずるよう努めなければならない。」と定められており、 企業における防止が義務付けられています。 さらに、厚生労働省は、平成22年2月に、公共の場では、分煙ではなく全面禁煙にするようにとの通達を出しています。