Q 社内にシステムに詳しい人がいないのですが、それでもシステム開発を依頼することはできるものでしょうか?
A

できます。わかり易い言葉で担当者の方と対話形式で進めていきますので、全く問題ありません。
また、定期的にQ&Aや状況報告などの打合せの場を設けますので不安や疑問点は段階的に解消されていきます。
概要が決まっている案件はもちろん、「業務の問題点をどのように解決したらよいかわからない」といったケースまで、幅広くご相談をお受けいたします。

Q 社内の業務を効率化したいのですが、どのようにして依頼すればよいですか?
A

お客さまの方で業務に対する不満や「こんな感じでできたらいいのに・・・」という理想をまずはお聞かせください。その後は弊社の担当が対話形式でヒアリングいたします。
そして適切な改善方法をいくつかご提案いたしますのでその中から選んでください。

Q システムの構築を計画したいのですが、予算はどのように立てればよいものでしょうか?
A

このシステムを構築するのにどのくらいの費用が必要なのかを算出するのは経験者でもない限り非常に困難です。
逆にこのシステムを構築することによってどのくらいの利益を出せるのか、または経費を削減できるのかという考え方のほうが算出しやすいと思います。
もし開発費用が、設定した回収期間に対する利益見込み、または経費削減の見込み額を大幅に超えるような場合は、再検討するべきだと思います。

Q 開発を依頼する会社はどのようにして決めるとよいのでしょうか?
A

まず複数の会社に見積もりをお願いすれば大体のかかる費用がみえてくると思います。
そこでただ単に安いだけで依頼する会社を決めるのはお勧めできません。
見積もりをした会社に見積書の説明をしてもらい安い理由や高い理由を明確にしましょう。
依頼した内容の理解が不十分であったり、少し考え過ぎであったり、ということも多々あるからです。
開発を依頼する会社を決定する判断として、見積書の内容を説明をしてもらう過程で対応がよかった会社に決めるのはよいかもしれません。

Q 見積もりは無料ですか?
A
見積もりは無料です。
お気軽にご相談ください。
Q 見積もり依頼をしたら必ず発注しなければいけないのでしょうか?
A
発注していただく必要はありません。
見積もり・提案の内容をご覧いただき、打ち合わせや交渉を重ねる中で、発注するか否かの判断を行ってください。
Q 遠方ですが依頼することは可能ですか?
A
基本的には可能です。
電話やFAX、そしてメール等を使ってやり取りできる環境があれば問題ありません。
Q 開発を依頼してからどのくらいの期間で、できるものでしょうか?
A
一般的には要件定義を行い設計書を作成するまでの期間を考えていただき、その期間の約3倍ほどの期間を要すると考えていただいてよいです。
例えば、要件定義から設計書の作成まで2ヶ月間ほどかかるとしたら、完成まで6ヶ月間ほどかかることになります。
詳しくは要件内容にもよりますので見積もりと同時にご提示いたします。
Q 支払方法はどうなりますか?
A
お客さまとご相談させていただきます。
多くの場合は、次のように分割でお支払いしていただく方法をとっています。
  1. 要件定義及び設計検収後
  2. プログラム制作・結合検査及びシステム導入検収後
  3. 運用検査検収後
納品や検収の定義は契約時に明確にさせていただいております。
なお、一括支払いやさらに細かく分割した支払いも別途ご相談に応じます。
Q 設計書を承認した後に打合せ等はありますか?
A
プログラムを制作している段階であっても、弊社ではお客さまとの打合せを定期的に行います。
進捗状況の説明や運用検査の方法について、そして実際の処理画面イメージ・・・等を見て
実感を得ていただきます。
Q 設計書を承認した後に仕様を変えた場合、後で費用を追加で請求されるのでしょうか?
A
費用の追加が発生する場合は、弊社から事前にご相談させていただきます。
ご了解いただけない状態で開発を進めて後でご請求するようなことはありません。
Q 運用検査で問題があるということが判明しました。このような場合でも対応をしてもらえますか?
A
根本的な原因を究明し対応いたします。
原因を究明した結果、設計書どおりに動作していないために運用に支障をきたすような内容であれば、弊社の責任として無償で対応いたします。
しかし、打合せの話の中ででてこなかったような業務が発覚したり、弊社からの質問に対する回答が間違っていたり、お客さまからいただいた指示が間違っていた場合は有償になることがあります。
いずれにしても、お客さまにご納得いただけるように話し合いを重ね、対応いたします。
Q 納品後の面倒はみてもらえますか?
A
対応いたします。
時間とともにシステム環境や業務の流れは変化していきます。
この変化に対応し正常に運用していくためにも保守メンテナンスは不可欠です。
特に弊社は保守メンテナンスはもちろんのこと、運用支援サービスを得意としております。
保守・運用支援サービスで、システムやソフトウェアがつねに最善の結果をもたらせるよう全面的に支援いたします。
Q 契約に記載されている保証期間終了後に不具合が見つかったのですが、直してもらえるでしょうか?
A
費用はかかりますが、対応いたします。
しかし、システム保守契約を締結している場合はその契約事項に従い対応いたします。
一般的に不具合であれば保守契約内の作業として対応いたします。
時間とともにシステム環境や業務の流れは変化していきます。この変化に対応し正常に運用していくためにも保守契約の締結をお勧めいたします。
Q 現在稼動しているシステムから新しいシステムにデータを移行することは可能ですか?
A
現在稼動しているシステムにCSV形式等でデータ出力できる機能がある場合は、あまり問題なく移行することができます。
CSV形式で出力できる機能がない場合は、現在のシステムの状況を調査の上、可能な方法をご提案いたします。
Q 情報漏洩が心配なのですが、大丈夫ですか?
A
弊社は、2008年12月25日付けで、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格の認証を取得しました。
これにより、弊社の情報セキュリティにおいて適切な管理体制が確立されていることが、第三者機関より認められました。
このような管理体制のもとで開発を行いますので、ご安心ください。
Q ソフトウェアの開発業務しか依頼できないのでしょうか?
A
ソフトウェアの開発業務に限らず、システムに係わる一切の業務を承ります。
例えば、次のような業務について実績があります。
  • WEBデザインやホームページの制作業務
  • ハードウェアの手配やインターネット環境の構築業務
  • ネットワーク(LAN、WAN等)に関する設計や配線工事業務
  • BPRコンサルティング業務
  • データベースレスポンス改善やディスク障害のデータ復旧業務
  • 保守メンテナンスや運用支援サービス業務